« 目の周辺をマッサージ | トップページ | 目の疲労から・・・・ »

鍼治療

もう目の疲れからくる強烈な肩こりから針治療を初めて9ヶ月を過ぎようとしている。

ちょっぴり通い疲れてきた。


こんなに長く通うなんて思っても見なかった上に、治療をなかなか
辞められない現実があるんですね。


ストレート首って聞いたことありませんか?


本来人間の首の骨は生理的に彎曲しているんです。少し前側に彎曲(わんきょく)
しているんですが、極度の緊張するような作業などをすると、私みたいに少し後ろ
側に彎曲してしまうんです。


これをストレート首というらしいんですが、けして珍しくはないんです。


ただ、疲れやすさが増したりするやっかいな代物で、因果関係からすると
どうやら一旦ストレート首になると疲れが取れ難いようなんです。


何とか、もう一度柔らか筋肉とでもいうんでしょうか。首の柔らかな頃に戻して
みたいもんだと思います。


今思うことは、いつまでも鍼治療続けるのってめんどいなということ。どうしても
往復の時間を合わせると1時間半から2時間かかる計算。ちょっと週に2回も
あるときついんですよね。


ちょっと軽い運動なんかで改善しないかななんて思ってますが、水泳なんかが
いいかも知れませんが、とてもゆったりと行ける環境にはないので当面鍼治療
に通うはめになりそうです。


ただ鍼治療を初めてから視力の低下は、概ね止まってますね。


ちゃんとマッサージなどを加えれば改善することも期待できるかも知れないと
思い始めています。しっかりと状況を考えながら有効な方法、例えば目の回り
のマッサージなどを組合わせて有効性を確認していきたいと思います。

  generated by feedpath Rabbit

|

« 目の周辺をマッサージ | トップページ | 目の疲労から・・・・ »

目の疲れには・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468231/9958229

この記事へのトラックバック一覧です: 鍼治療:

» 学問ノススメ ならぬ小運動ノススメ ♪ [ファイターズパパのブログ初挑戦!,針治療]
 最近よく耳にする言葉に 「メタボリックシンドローム」  というのがあります。  動脈硬化の危険因子である  肥満症や高血圧 高脂血症 糖尿病などは   「生活習慣病」と呼ばれています。  それぞれが独立した別の病気ではなく   一種の症候群のような捉え...... [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 10時29分

« 目の周辺をマッサージ | トップページ | 目の疲労から・・・・ »