« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

疲れ目のリフレッシュ

疲れ目の手っ取り早くて効果的なリフレッシュ方法があります。

温かいおしぼり、、、、

東京などではおしぼりは殆どお目にかかりませんが、
名古屋などではおしぼりが出ない喫茶店などはブーイングですね。

その温かいおしぼりを頂くと、衝動的に目にもっていきたくなるのは、やはり目が
疲れていたりして、おしぼりの温かさが心身の疲労を癒してくれるからでしょうか。

しかし、具体にどうなんでしょうか。

ある会社の調査によると、一日に6時間程度パソコン作業に携わる人のピント
の調整力を調べた結果、月曜から金曜まで仕事をした結果、金曜の仕事を生
えると、ほぼ全員に目のピント調整能力に1割も低下していることが分かったと
いう。

しかしながら、約40度に温めた蒸しタオルを目に当てたところ、一気に一週間
の仕事始めの前の状態に戻ったというんです。

そればかりか、ドライアイと診断された人にも何本かの蒸しタオルを使ってみる
と、5本の蒸しタオルを順次使用して10分ほど行なうと36%の人に改善が見ら
れたといいます。

この数字は凄いですよね。

ドライアイは、ついつい目薬に頼りがちですが、こんな形でも効果が表れるん
ですね。

特に、老眼など40歳代にはいると目の調整能力は極端に落ちてきます。
これを補う体操もじつはあるんですが・・・・・・・・。

話しを戻すと、
蒸しタオルが効果的ですが、家庭などでは蒸しタオルをおしぼり状に作るのが
なかなか出来ないと思う人のために、その作り方をお伝えします。

電子レンジをお持ちでしょうか。
最近は、機能の多寡はともかくとして、単に温める機能ならついていますよね。

普通のタオルにやや水を多めに含ませて、電子レンジへ入れてポンと押すだけ。

ワット数にもよりますので、自分で調節が必要ですが、通常の500または600
ワットでは、1分から1分20秒程度で出来上がります。

ところで、眼を冷しても気持ちがいいですね。
こちらは、眼が充血やものもらいなどで瞼が腫れたりしたときに効果的です。

旨く使い分けて、目の疲れから一刻も早く解放されたいですね。

| | トラックバック (0)

視力回復トレーニング

視力回復は、ただ単にトレーニングだけを集中的にやったからといって、必ず良く
なるとは限りません。しかし、パソコン作業の目に対する負担軽減には十分な役
割を果たしてくれます。

同時に、目に優しい生活環境を作りながら、更にトレーニングを行っていくことに
よって視力向上にも良い結果をもたらしてくれるものです。

また、食生活の改善はもちろんのことですが、プライベートなどの私生活におい
ても目の環境を見直しをしてみましょう。

目にとっては、仕事も私生活も一貫した環境作りが求められます。

何か悩んでいる公私にでも事や心配な事、更に不安な事などはありませんか?
もしあれば、その事が結果的に視力悪化の進行を早めているのかも知れません。

このような脳のストレスは、実は視力低下に繋がっています。ですから、
視力回復を目標とする上で、目と脳との関係は知っておいたほうが良いでしょう。

このような理解を進めることが視力回復への展開は断然早いですし、効果が早く
現れれば、視力回復トレーニングをすることにも更に張り合いも出てきます。

目は視神経の集合体だと、よくいわれます。
目はたくさんの神経で形成されており、脳に直接つながっていますから、脳のスト
レスが視力の低下をもたらすことになるのです。物を見る行為は脳と密接に関係し
ていると思ってよいでしょう。

人間の情報収集は、まず殆ど目から行っています。視力が悪いと脳への情報が適
正に行き届かず、結果として判断力や記憶力などの脳の機能が低下することに結
びつきます。

このため、私達は目の健康を気にすることも大切ですが、同時に脳の健康について
も考えておかなければなりません。

脳の健康=ストレスのない私生活ですね。

毎日楽しく、笑いのある生活を送れるように、何かでストレス発散をするよう心掛け
たいものです。。

スポーツで汗をかいたり、英会話や楽器などの習い事をしたり、また美味しい物を
食べたり、ドライブしたり、友人とおしゃべりしたり、思う存分買い物したりするなど、
自分の興味あることや好きなことを思う存分やって、時には羽を伸ばすことを心掛
けましょう。

心や体を喜ばせてやれば、あなたの脳もスッキリして大いに喜び、また元気を取
り戻します。そして、その脳の喜びが結果として視力にも結びつき、視力の回復へ
と導かれていくことになります。

パソコン疲れも吹き飛んで、目もイキイキと輝いて見えるでしょうね。

| | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »