カテゴリー「肩こりと視力低下」の5件の投稿

目の疲れ解消

最近とみに目が疲れやすくなってきた。
パソコンと向き合う時間が何と長いことか。

時によっては一日中朝から晩まで向き合いっぱなしということも・・・

しかし、そんな時に疲れを癒してくれる器具があります。

厚生労働省認可の医療用具「ミオピア」で視力回復&を目的にしながらも、ノンビリと目に当てて、目の疲れを癒しています。

私が購入したのは東京に住んでいたときのこと。

丁度、品川駅東口の再開発事業がぶち上げられた頃でした。
まわりは大した建物もなく、下水施設のうえにテニスコートが妙にめだ目立っていた頃でした。

そこの視力回復トレーニングセンターに通っていたときに手にした
旧名称は厚生労働省認可の医療用具フタワソニックといっていた頃の話しです。

その頃はパソコンなんていうのはまだまだ触ったこともなくその後視力は回復。
その後、その器械は倉庫にお蔵入りしていました。

そして、すっかり忘れてしまっていたのです。
近年、パソコンをやたら使うようになり、目の方も急速に悪化していく中で
やっと思い出したのがこれ。

視力回復は少し良くなった程度ですが、余りに古い機器で効果が薄いのかな??

もうちょっと我慢して最新の厚生労働省認可の医療用具フタワソニックならぬ
厚生労働省認可の医療用具「ミオピア」で、視力回復と行きたいものです。

今は近くに視力回復センター があるところには住んでいませんが、 今になって思うとしっかり視力回復させておけば良かったと思います。

近くに視力回復センター があるのなら、厚生労働省認可の医療用具のミオピア
合わせてやると効果が高いと思います。 少なくとも以前はそうでした。
そのうちといわず、早くお金を貯めて頑張ろうという目標が出来ました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

初めての方へ

はじめまして、ようこそお越し下さいました。

このサイトは、毎日パソコンを触るっていう人が急激に増えて、目や肩、首が異常な凝りに悩んでいる人が多いんですが、具体にその解消法に努力していないよう感じましたのでこのサイトを立ち上げてみました。

もちろん、管理者の意見ばかりでなく、多くの方からもご意見を頂ければ誠に幸いです。

この機会にぜひ、あなたからもいい方法や悩みをお知らせ下さい。

まずは、ごあいさつまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロのカメラマンも異常な肩こりと視力低下

先日久方ぶりに東京の、とある場所で友人の女性カメラマンと会いました。

なんと、見かけは若返ったように・・・・(お世辞?)

でも、話を進めていく間に、実はカメラマンの生活も昔の銀映写真とは違って、デジタルでとっているんだとか。わたしのような、カメラもろくにいじったことがないもにとっては、ちょっと意外な印象でしたが・・・。

そこでとった画像の処理に登場するのが、パソコン。

何人も画像処理のスタッフも抱え、彼らが作業を引き受けてはいるものの、映像の構図などソフト的なもの、感性的なものには必ずプロのカメラマンとしての目で捉えて指示を与えているようなんです。

この時に、何百・何千という画像を見比べたり、その画像の構図を考えたりと、カメラマンといえども、今時はカメラばかりに集中できず、パソコンに向き合っている時間が相当長くなるようなんですよね。

もちろん、プロとして行なう作業には、仕事を発注する事業者からは当然のように質も量も問われことになるため、必死に作業しなければならないといいます。その意味で、同じ職場に働く人たちもついつい根を詰めて仕事に向かわざるを得ず、目が疲れた、肩が痛いなどという同じ悩みを持っているといいます。

同時に、視力の低下も進んでいると嘆いています。結構、深刻な悩みですよね。

これは、よくよく考えてみると、このカメラマンの職場だけの話ではなさそうです。

パソコンを使う業種は、今やあらゆる業界に及んでいますから、この悩みに解決法を提示することが大切なのだと思いますよ。

ここをみなさんと一緒に解決できればいいなあと思っています。

まずここでは、カメラマンといえどもパソコンに向き合って作業を進めている現実があるということをお伝えしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目に効く錠剤?

肩こり、腰痛、目の疲れの緩和に ・・・・

なんていううたい文句で、薬というか、健康食品というか、売ってますよね。

こういうのはどの程度効果があるんでしょうか?て疑問を持つ人も多いと思うんです。

たしかに、ビタミンなんとかを配合とかうたわれてるんです。

もちろん効果は期待できると思うんですが、根本解決にはならないって思うんです。環境が全然変わらないんだから。環境というのはパソコン漬けの毎日のこと。

こういうことを念頭にして考えて実行した見たんです。

暇を見つけて体を動かすことなんです。もちろん目のマッサージも必要ですが、かつて水泳に通っていたときは何も体の不調がなかったことを思い出しました。当時は毎日終業と共にジムへ行って1時間だけ水泳をやるんです。

それが続けられていたときは体は軽かったんですね。当時も今日ほどのパソコンは使わないにしても、事務仕事でそうとうマイッテマシタ。

こういう現実を考えると、やはり運動をすることはいいんですね。

しかし、現実は運動がオチオチできない。そこでバランスということなんです。

運動も、健康食品も、マッサージも負担にならない範囲の運動をするといいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理人の経験

ここでは、自らの経験について書き記しておきたいと思います。

あることを転機に、圧倒的にパソコンに向かう時間が増えました。従来からパソコンを使う時間が比較的多かったようにも思いますが、事情によって10時間を超える日々が続いているわけです。

そうこうしているうちに、いつの間にやら目の視力も大きく衰えていることに気がつきました。ちょっぴり焦りましたね。ほんとうに焦ります。

なかには目を痛めて、白内障程度ならいざ知らず、網膜剥離やら眼底出血やらで、具体の症状として現れる人もけして少なくありません。

単なる目に対する負担の増加もあれば、糖尿病をはじめとする他の病気との融合的な原因で発祥に到るケースも多いようですから、目の負担を和らげることが大切ですからね。

その点から、わたしも気は何とかしたいと焦るものの、それじゃパソコンから離れて仕事ができるのかというとそうは行かない現実があるわけです。

きっと、みなさんも同じじゃないんでしょうか。辞めたくても辞められないのが現実です。

一昔前は、いやもう数十年も前?は、テレビを近くで見ると目が悪くなるから気をつけなさいなどと親や学校の先生からいわれたものです。

けれども今の子どもたちは、テレビどころか、もっと画面を近づけてみるパソコンを使っていますよね。パソコンで授業の替わりもすれば、ゲームもパソコンで行ないます。

さらに、ちいさな画面のゲームも沢山ありますよね。

たまごっちは、ちょっと古いか?

任天堂のDSやゲームボーイアドバンスなんていうのも流行りましたよね。

その他にも多くのゲームが出てて、画面も小さい。

こんなんで目が悪くならない方が不思議なくらいの生活環境にありますよね。

ただし、見た目はコンタクトレンズやレーシックといった調整や手術もすっかり普及して眼鏡がない人で、実は目が悪い、或いは悪かった人が意外に多いので、実際どの程度の人が目を悪くしているのかがわかりません。

かつては、女性に限られていたコンタクトレンズも、今では男性もかなりの人がしているし、ましてやレーシックなどの手術を施した人はコンタクトレンズもいらないんですから、その人のかつて眼鏡やコンタクトレンズに頼っていたところを見ていないと、外見上は全くわからないということになりますよね。

些か話がそれましたが、自分のことに話を戻しますと、

実は肩こりも相当酷かったんです。

同時に、急速に視力も落ちてしまいました。

実はわたしと同じことをいう、友人も意外に多いんです。

ですから、ほんとうは眼鏡が必要だという人の目印があると、実は相当の人が欠けているという推測も成り立つように思います。

そこで、必要な治療、対処はどんなことがあるんでしょうか。

治療とえば、治療費がかかり、対処といえば対価がかかるというのは困りますよね。

まして、ホントに困っても時間がないという人も多いのではないでしょうか。

これを何とかしたい。

安価に、手軽に。

また、いつでも、どこでもできる方法。

でも、薬事法だとかなんだとか規制が多くてなかなか広がらない民間療法はよく聞きますよね。ぜひ、そういったものからでもいい情報を集める、それが必要ではないでしょうか。

そうすれば、試してみる→結果が出る→良ければ、人に教える

ここから広がるといいですね。

今、管理人がやっていることは眼球の回りのマッサージ。

このマッサージはちゃんと鍼灸院でツボも教わってきました。

更に独自に考えたこと、パソコンを見るときにはサングラスをして行なうようにしています。

気のせいかも知れませんが、多少でも楽なように思います。

更に、絆創膏に、ある金属を貼りつけています。鍼灸院の治療だけではどうやら治まらないようなんです。ですから、これも張る。

以上が、現況です。

みなさんもいろいろ教えてくださいね。

特に、費用をかけずに、時間をかけずにできること。

これが、長続きする条件です。

どうしてって、みんな忙しいんですよね。いちいち治療院なんかに行きたくないし、時間も金もない。そんな金があったら家族旅行にでも使いたいって思っているんですよね。

是非、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)